舟の右側4月号が出た
2018.03.28 Wednesday 09:10

 

月刊誌「舟の右側」4月号を開く。

トップ記事は、「教会が魂の居場所になるために」という登戸にある教会の取材記事。

記事中、「自由度の高さ」「魂の居場所の提供(と言う方向性)」が印象に残った。

連載対談のほうは「カウンセリング」がテーマ。

 

さてウォーリーを探せ、ではないが、雑誌遊びクイズを…。

(1)TCU(東京基督教大学)が登場する。どこだ?

(2)拙著が写真に2冊登場する。何と何か?

(3)2018年4月号に掲載されている連載記事のうち一番長いのはどの連載?

 

 

 

 

 

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 09:10
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM