ごにょごにょ
2018.04.11 Wednesday 11:39

 

リハビリセンターの言語聴覚士の面接は週2ペースでつづいているが、

前回は、お題をいただいたテーマで、5分スピーチを私が行い、

それを言語士の先生にコメントしていただく展開に。

 

私はこれまで、自分の話しにくさを、いろいろと表現してきた。

小声になる、早口になる、滑舌が悪い、呂律が回らない、など…。

 

今回、先生に、「ごにょごにょ する」と名付けていただいた。

そして次のようなことをコメントしてくれた。

 

早口になる。ゆっくり話せるようになることが課題。

文節を短く区切って息継ぎをする。

 

手持ちメモに眼をおとしているときが一番話し方が良い。

5分スピーチが終わり、普通に会話し始めると、また早口になり、一段階ダメになる。

メモをみるのも、私の場合、ゆっくり話すことに影響している。

 

なるほど、なるほど。

今日も新しいお題をいただいての5分スピーチから面接が始まる。

 

| ふじかけ | - | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.07.20 Friday 11:39
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4976
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM