再び、ごにょごにょ
2018.04.12 Thursday 10:27

 

昨日もリハビリセンターへ。

5分スピーチの2日目である。

 

私はあらかじめ短いメモを書き付けて、数ポイントのかたまりにする。

長年の経験で、このくらいのメモ(10行くらい)だと、ちょうど5分になるというのがわかる。

前回の5分スピーチも、10秒早いくらいでおさまった。

 

今回は違った。3分40秒くらいで終わった。自分でも最初は驚いた。

 

それはそれとして、言語聴覚士の先生からは、「ごにょごにょ」がかなり改善して、聞き取れないようなところはなかった、というコメントをいただいた。

 

私自身の今回の方針は、手持ちメモに忠実にそってお話をするということだった。普段なら手持ちメモを見ながらでも、小さく,大きくそこから離れて話を膨らませる。今回はそうならないように、メモの内容だけで話を続けた。

 

それが短くなった原因であるし、他方、メモに沿うことを意識した分、話し方が早口にならず、ゆっくりとなり、聞きやすくなったのだと思う。

 

メモ持ちスピーチ。もうすこし試行錯誤してみたい。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.12.11 Tuesday 10:27
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4978
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM