無自覚なバランス
2018.04.14 Saturday 09:55

 

 

特別研究期間に入って、しばらくはそれまでの仕事を引きずったが、4月の2週目くらいから新しい生活のペースに移行した。

そこで直面したのは、個人史上最高級の 首こり、腰こり、そして腕のすさまじいだるさである。

 

これまでなんやかんやいっても、週に2回は授業の日があるし、会議日も1回はある。そんな日は、優に半日はパソコンから離れる。体も動かす。それなりの体の負荷のバランスがあったのだろう。それがなくなったのが今の生活である。好きなだけパソコンに向かい、長時間過ごす。その結果、自分の体が悲鳴を上げたのだ。

 

実は一昨日、余りに腕がだるいのでおもわず腕を片方の手でさすったら、かなり心地よかった。

それならばと、いくつかのネット記事を検索して、実行。

するとずいぶんと違う。

たとえば、

https://style.nikkei.com/article/DGXNASFK2603H_W3A221C1000000?channel=DF260120166503&page=4

 

無自覚だけれど、結果的にバランスがとれていることってあるんだな。

 

 

 

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.04.25 Wednesday 09:55
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/4980
Search
Profile
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM