10年後
2018.05.25 Friday 10:22

 

今朝、部屋の片付けをしていたら、雑誌「リバイバル・ジャパン」(2013,10月20日号)が出てきた。

毎月第1,第3日曜日発売だった。「舟の右側」前身の雑誌といったほうがピンとくるかもしれない。

「リバイバル・ジャパン」120号で終了したが、これは119号である。

 

表紙をみたら、聖書の言葉(イザヤ書11:9)が添えられており、「水が海をおっているように…」とある。今は「舟」であるし、

谷口編集長は、水や海が好きなのかも。ちなみに、舟右誌で私がかかわっている連載も、「心の井戸を深く掘る」である。

 

さてこの「リバイバル・ジャパン」。あまり印象に残っていないだろうが、私は個人連載史上、最長記録の記事を書いていた。

48回続いた「おしゃべりレシピ」。第40回からはレシピは教会編に入った。

 

イントロ文:たわいないおしゃべりほど大切なものはありません。

それは、無心に他人と語らりあうなかで、理屈ではなく、

自分らしやその人らしさを味わうことができるからです。

 

その47 「10年後」

 

10年後、あなたの通っている教会はどうなっているでしょうか?

10年後、日本のキリスト教界全体はどうなっているでしょうか?

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.10.15 Monday 10:22
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5014
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM