オーダーメイドの儀式?
2018.06.25 Monday 22:08

 

この数週間、いや数か月、仕事の増やし方、減らし方、複数の仕事の化学反応のさせ方…。

これらのバランスがうまくとれてない。

こういうときに限って、魅力的な原稿依頼がくる。

 

たとえば、万引き家族の映画評論。キリスト教とカウンセリングの観点からいかに考察するのか。

面白い。

ほかにも興味深い原稿依頼を(企画をもらすことになるので書けないが)泣く泣くお断りする事が続いている。

 

ただすこし納得しているところもある。

元凶となっている今の自分の病気とその症状は、頑張って生きようとしすぎる、それの影であるように思える。

だから、影をみつめ、頑張れない自分を味わうように導かれているのだと感じている。

 

泣く泣くお断りする作業は、オーダーメイドの霊的な儀式であるといったら言い過ぎであろうか。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.11.17 Saturday 22:08
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5024
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM