頑張れるけれど、頑張れないという厄介さ
2018.08.23 Thursday 11:25

 

福岡への研究旅の続き。

福岡も酷暑だった。いろいろなところで水やお茶のペットボトルをいただく。

次々に、である。

ホテルでは3本いただいた。

ワークショップ会場ではまずお茶を2本いただき、薬を飲むのに使ってくださいと、水も1本いただき、3本になった。

途中、コンビニでお茶のペットボトルを1本買ったら、スピードくじで水が1本当たった。

 

まだまだもらった気もするが、要するに酷暑対策の象徴のように、水やお茶のペットボトルが振る舞われていた。

 

酷暑の中での旅を無事こなせた、ということでも今回の福岡旅は満点である。

 

ただ、ここからが微妙になる。

出番の仕事があれば、自分を奮い起こして、けっこう今でも頑張れるのである。

ただしその後がダメで、ダウンしてしまう。この福岡旅のあとも一週間くらいは寝たり起きたり、だらだらとしていた。

 

長い目でみると一番生産的なのは、一日3時間程度で仕事をしていくことだが、そうもいかない。

なにか出番があったら、その後にゆっくりできる状況を用意しておく、これにつきる。

出番でのパフォーマンスはここ数年変わらないように思う。が、その後の疲弊感は増えてきている。

厄介な話だ。

 

いずれ出番でも頑張れなくなる日がくるだろう。

それどころか人よりも早く仕事自体から引退する日もくるだろう。

 

そう思うとまだまだ贅沢な悩みにも思えてくる。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.09.20 Thursday 11:25
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5047
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM