神戸改革派神学校への講義旅(スローカーブ談義)
2018.09.20 Thursday 10:28

 

神戸では、たまたま2度、似たような雑談をした。

 

私の講義やワークショップが、辛口でなく、甘口だという(おそらく好意的な)指摘である。

私もそれは自覚していることで、

野球の投手にたとえると内角にカミソリシュートを投げる講師もいるだろうが、

私の決め球は、外角のスローカーブである。

 

とうのも、

こちらが正しいモデルを伝えるのではない。

現状を変える方法は相手の中にすでにある。こちらには見えないだけ。

相手(聴き手であり参加者)に新しいことを発見してもらうことが重要。

 

だからこそ

安心して打席に立ち、安心して振り込んでもらう。

 

ヒットを打っても空振りしても、ささやかな何かを発見してもらえるかどうかが大切。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.10.15 Monday 10:28
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5056
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM