舟の右側10月号が出た。気晴らしと全体性の回復
2018.10.01 Monday 01:18

 

写真は、連載対談の収録会場の浦和福音自由教会。

 

「舟の右側」10月号が出た。

連載対談も11回目。その一部を…もう一箇所。

 

藤掛 気晴らし行動というのは、素の自分を味わい直すという側面があって、仕事などの社会生活とは異質な行動が望ましいですね。… それは私たちが社会生活をしていく上で使わなくしている部分がたくさんあって、それを一度掘り起こすことにつながります。… 上品で繊細な紳士が、車の運転をする時にはスピードを出して、車の中で叫んだりします。これもすごく意味があって、本当の自分を味わい直して、ふだん自分の使わない部分を回復しているというか、一面的になるのを防いでいるんですね。

 

11月号が連載対談の最終回です

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.10.15 Monday 01:18
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5063
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM