浦和教会でのコラージュ、終わる
2018.11.04 Sunday 23:20

 

11月3日、浦和福音自由教会の修養会に講師参加した。

この教会は私が会員となっている教会で、「私の教会」である。

 

この教会で、正規のプログラムの講師としてお話ししたのは、3度目のことである(と思う)。

1度目は、就職して6,7年経ったとき、当時大阪・堺市にいた私を招いていただいた。

まだ講演慣れする前で、非行の話をしたが、少し背伸びをして、勉強し始めていた家族療法の考え方をお話しした。

2度目は、30代半ば、夕拝を連続して担当し、心理テストを中心に6,7回シリーズでお話しした。

その後、私の牧会塾などでの活動の先駆となった。全国転勤族であったが、たまたま浦和に転勤し、つかのまの浦和市民となったときであった。

1度目も2度目も構想もアイデアもあったが、内容は散々であった。その後のいろいろな課題を示された感じであった。

 

そして今回が3度目。今回は、4時間の時間をもらったので、コラージュを中心としたワークショップとした。過去2回は挑戦した感じであったが、今回はそれはなく、慣れ親しんだ内容のもので、良く言えば総まとめであった。

ワークショップ故の煩雑な準備があって、係の方々に負担をかけたものの、個人としてはすっきり感があった。

 

そういえば2度目の登壇のころ、仕事(非行の面接)で、コラージュを使い始めた。それが教会向けのワークショップに使うことになろうとは思わなかったし、まして今回のように「私の教会」で行うことは想像していなかった。うまく言えないが、大事なことが私の中で「つながったんだ」という感触を持った。

 

当日、参加して一日付き合ってくださった80名の方々にひたすら感謝。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.11.17 Saturday 23:20
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5071
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM