聖学院大学シンポ「壁を越える本」松谷氏の3冊
2018.11.17 Saturday 17:56

 

松谷信司氏の3冊

 

壁を超える,というテーマで、一番身近なものは、間違いなく「夫婦」である。

夫婦で異なる宗教を持つことの是非が話題になることがある。

しかし、男女が夫婦になるという、男女の壁の広さ、深さ、大きさを思うと、他の壁は思いのほか小さい。

夫婦の壁が基本ならば、「親子」の壁は壁の奥行きに相当する。

 

ちなみに3冊ともに「体当たり」が共通している。壁を乗り越えるには、壁にまず体当たりすることが必要なのかもしれない。

 

 

 慇察尼さん』露の 団姫(春秋社)

せい・あまさん。つゆのまるこ。

Amazonの紹介文

「尼さん妻・露の団姫とクリスチャン夫・豊来家大治朗の、ドタバタ異宗教結婚生活!

夫婦最大の壁は宗教の違いではなくて発達障害だった!

結婚後に発覚した夫の発達障害、二人ならではの乗り越え方とは? 宗教ギャグ満載、神様も仏様も大爆笑の夫婦エッセイ!」

 

 

◆悒ラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど』高橋 章子(朝日新聞出版)

amazonの紹介文

「元ビックリハウス編集長の著者は3児の母。高1の次男は、中学の時から言い続けてる。「クラスでケータイ持ってないの僕だけなんだけど」。だけど母の信念は揺るがない。ケータイじゃなくって話そうよ。ケータイを持たせないかわりに、塾をさぼればママチャリで街を探し回る。持つも持たないも自由。だけど、うちはそういう方針なの。悩める親や教育関係者必読。考えさせられるけど、オチャメなおもしろエッセイ。」

 

 

『信じてたって悩んじゃう』みなみ ななみ(いのちのことば社)

Amazonの紹介文

「教会、異端、恋愛、中絶、同性愛、科学と信仰、差別、貧困……さまざまな疑問に体あたり! キリスト教に対する偏見やカン違いや思い込み、聖書が言っていること、いないことなど、とにかく聞いて、調べて、悩んで、考えた、異色の信仰入門マンガ。」

 

 

 

以上です。なお、本は変更することがあります。

「信じたって悩んじゃう」は、2もあります。

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.12.11 Tuesday 17:56
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5073
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM