私は私のことを知らない
2018.12.18 Tuesday 11:49

 

ある教会の修養会でコラージュ中心のワークショップをやった。そのときのまとめを記憶の残っているうちに。メモ。

毎度金太郎飴のような話だが…。

 

  •神さまは私を知っている。しかし、それに比べたら、私は私のことを知らない

第一に自分像がかなり曖昧な部分がある。
第二に自分像が明確だが皮肉なことに、それ以外の自分が見えなくなっている。
例:自分はタフな人間である。繊細で弱い自分はないはずだ。
「言葉が私の舌にのぼる前に、なんと主よ。あなたはそれをことごとく知っておられます。」   ( 詩編139:4)
自分や他の人を理解し、心の問題を考えるためには、相互作用性、多義性の原理原則を大切にする必要がある
最後に自分の中の多義性を育むのに一番有効なのは、相互作用性の中で多義的な見方を磨くことである。ちょうどコラージュ作品を前に数人で、この作品の特徴をああこうだと討議する場面と重なる
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.03.02 Saturday 11:49
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/5082
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM