平成最後の日に思うこと
2019.04.30 Tuesday 14:43
平成から新しい元号に変わる。あらためて皇室報道の凄さを感じた。 私は天皇制には距離をとっているというか疑問に思っている。 が、ひょんなことから皇室の日常情報に触れることになり、それ以降その人柄に親しみを感じたりした。露出度というか、情報量というか、そうした要素は軽視できない。 さて、ここで今回書こうと思うのは、なぜ人々は皇族を支持し、好むのかということである。 まず第一に権威やそれに由来する儀式を人々が求めているからである。これらは、魂の区切り、魂のマネジメントのためには必要としているが、日本の現代社会は、こうしたものが不足している。キリスト教界もあまりそれらを与えくれない。最近の改元報道は、日本人に自分たちにも権威や儀式があるのであるという意味のメッセージを伝えているのである。 こうなると、かつてヨーロッパで異教の太陽神のお祭りをクリスマスに仕立て直したように、天皇神道からパクることも選択肢のひとつか。 第二に、皇族は「甘え・へたり込み」型の模範を見せてくれる。英国ではタブロイド報道で王族がぼろぼろにされているが、あれは「背伸び・強行突破」型の典型である。前者は病気に、後者は問題行動に出ることになる。たとえば失声症や適応障害の日本の皇族は、同情をかい、親和の対象となる。不倫やトラブルは英国の王族は、批判の対象となる。個の弱い日本人は内にこもっていき、最後は帰属集団に受け入れてもらうことだ。かわいげがある、あるいは人柄が良いという評価がつきまとう。逆に欧米人は個が強いので、王族であろうとなかろうと個をそとにぶつけていく。 こう考えてみると、皇族にクリスチャンが生まれ(カソリックの信仰をもっていると聞いた)、ヒーロー、ヒロインとして大胆な皇室改革をすることはないな。 第三に、皇族の家族問題である。報道される情報が適度にリアルで、予想通りに、夫婦葛藤やきょうだい葛藤が見え隠れしているが、それらを品良く表現している。このように家族問題も、国民の象徴として機能している。雲の上の人たちの物語でなく、味わうことができる。 できるものなら昭和天皇か平成天皇を主人公にした家族の物語をNHK大河ドラマにしてくれる人はいないか。
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 14:43
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM