電車運転見合わせ2
2007.06.22 Friday 14:02
 私は、交通事情とは関係なく、予定どおり研究室についたが、午前のSVの院生が赤羽駅から立ち往生になり、最終的には3時間以上遅れて来室することになった。幸いというのか、午後のSVのヤング臨床心理士が熱発ダウンのため、そこにスライドしてことなきを得た。
 私といえば、溜めてあったメールの返事などをひたすら打ち続けて、あっというまに2時になってしまった。
 でも、この数時間のメールの返事って、運転見合わせやSVキャンセルがなかったら、どこでどうなっていたんだろう??と不思議に思ったりした。時間はなければないなりに、絶妙なバランスで課題を部分的に吸収したり、分解したり、捨て置いたりするんだろうなあ。そして逆もまたしかりだろうなあと。
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 14:02
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM