活動一覧(2003年度)
2007.06.26 Tuesday 16:13
2006年度の研究業績を職場に提出しなくてはならず、調べ始めている。自分が書いた原稿など把握できていないのが情けない。実はこれまで旧HPの掲示板に原稿を発表するたびに記録をかねて記載していた。それが2006年からは掲示板が事実上閲覧できなくなり、今回の醜態に。2007年度は、このブログでチェックできる!2003年度から提出ファイル(部分)を順次掲載する。

活動一覧 (2003年度<2003/4>〜)

(1)「非行と家族機能の関連について」 『聖学院大学総合研究所紀要』27号 単 2004.01
(2)「ハガキを使ったコラージュ技法について」『犯罪心理学研究』第41巻特別号 単 2003.12
(3)『職場のメンタルヘルス対策』 さいたま市
     共著(全項目)、監修 2004.03
(4)「専門家が養成されるということ」 『月刊少年育成』567号(大阪少年補導協会) 単 2003.06
(5)「指導者が脱線するとき」 『福音と世界』第58巻−10号(新教出版社) 単 2003.10
腕時計
(6)「人が離別するときにおこること・悲嘆カウンセリングの立場から」『牧会ジャーナル』21号(いのちのことば社)
単 2003.12
(7)「魂の奥底を共鳴する「儀式」の重要性」『牧会ジャーナル』22号(いのちのことば社)
単 2004.03
(8)「非行臨床における描画」 日本犯罪心理学会仙台地区研究会講演 2004.01
(9)「リーダーが脱線するとき」聖学院大学総合研究所講演会「リーダーが脱線するとき」
2003.04
(10)「キリスト者とメンタルヘルス」 聖学院大学総合研究所シンポジウム「キリスト者とメンタルヘルス」
2003.10

| ふじかけ | 研究業績一覧 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.09.15 Tuesday 16:13
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM