描画技法辞典:「雨の中の人物画」
2006.12.09 Saturday 08:56
【雨の中の人物画の方法と文献】

 雨の中の人物画は,ハマーにより初めて記述されたが,以前から,いろいろな学者が同時期に思いついたものと言われている。日本では,石川元や彼を中心とする浜松医大精神神経科グループによって,病院臨床への本格的な導入が図られるようになった。
 実施法は,次の二つがあるが,日本では後者が普及している。
■「雨の中の1人の人間を描きなさい。」(原法)
■「雨の中の私を描きなさい。」(石川元ら)
▲ハマーの原法では「雨の中の人」であるが,石川らは,病院臨床での試行から,「人」という刺激語では,描画中に自己像と容易に結び付かない集団があることや,抽象表現の人物がより多く出現してしまうことがわかったたため,ストレスを体験する主体が自己であることを明確にする目的で,「人」ではなく「私」を採用したという。以後,この「雨の中の私」の方が日本では定着している。
 なお,この描画法の非行臨床への適用を研究している私たちのグループでは,「雨の中の私」の教示に加え,「雨と自分を含めていれば,どのような内容でもかまいません。」と言い添えるようにしている。これは,思春期危機のまっただなかにいる非行少年の場合,「私」以外の他者などの社会的場面が描かれることを期待しているからである。実際,この教示によると友人や家族,また学校や自宅などが出現することがあり,思春期に再適応を迫られて,あがく,彼らのイメージが実によく浮き上がってくる。この描画法は,「雨」に象徴されるような不快なストレスのもとでの,自己身体イメージや不適応感,またそうしたストレスに対する特徴的な防衛や適応のスタイルが示されるとされるが,非行臨床の場合,後者の防衛や適応スタイルの理解に切れ味の鋭さがある。外国の研究に,さまざまな臨床領域でこの雨の中の人物画の妥当性の検証を行ったものがあるが,被検者が思春期という時期にある場合に,診断的な妥当性が高かったことが報告されている。そうだろう,そうだろうと私は内心つぶやいた。
あるカウンセリング教室の講師をした際に,この「雨の中の私」画を実際に描いてもらいながら人物画テストの解説をしたことがある。雨とその防御という構造は,描画テストに精通していなくとも非常にわかりやすいものがある。参加者同士が相互に自分の描画を幅広く解釈しあい,大いに盛り上がった。少年鑑別所などで,内省力があまりあるとは言えない少年たちと,描いた絵について話しあうような場合,やはりこの「雨の中の私」画が一番盛り上がる。石川(後出・文献2)が,「治療者と患者が共有できるメタファーを与えてくれるという点で,この雨中人物画法は視覚的コミュニケーションによる治療手法としても優れている」と言う指摘に非常に共感を覚える。


<文献1>Hammer 「DRAW−A−PERSON−IN−THE−RAIN」,『Clinical Application of Projective Drawings』N.Y:C.C.Thomas,1958
 ハマーは実に多彩に,この描画法の妥当性を印象づけようとして,様々な描画例を紹介している。診療所に関わらない普通の人と診療所に受診した人の描画。治療の初期と終結期の描画。また同一人物における人物画と雨の中の人物画。ロールシャッハテスト所見との比較。などなどを駆け足で紹介してくれる。


<文献2>石川元 「雨中人物画法・Draw−A−Person−in−the−Rain−test」 1985,『こころの臨床ア・ラ・カルト11』星和書店。
 おそらく邦文としては,最初の雨の中の人物画のまとまった解説ではないか。簡単な描画法の紹介や,ハマーやその他の研究の紹介などのあとに,精神障害者の描く「雨の中の人」の典型パターンを「紙芝居的に」歯切れよく18事例を報告している。神経症圏,感情病圏,分裂病圏,人格障害圏と病態ごとにその特徴をまとめている。病院臨床の適用にとどまっているが,非行臨床にも参考になる。また,同氏を中心とする浜松医科大学精神神経科の研究グループが,森田療法を行った患者に適用した事例が「雨中人物画にあらわれた森田療法の治療過程」(1989,『臨床精神医学』18巻1号)として報告されている。興味深い。


<文献3>大山晋,藤掛明ほか「非行少年の『雨の中の私』画の分析1〜4」1991〜1994,『犯罪心理学研究29〜32(特別)号,日本犯罪心理学会。
非行少年の「雨の中の私」画の標準反応から,典型事例,特殊事例,系時的なパターン等,ひととおりの範囲を扱った4年連続の報告である。また,「雨と私のイメージ」現代の非行少年たちの心象風景 福愀邊少年育成510号』,大阪少年補導協会,1998)では,非行少年の代表的な雨の中の私画を8作品挙げて私なりに簡単な解説を付けている。


| ふじかけ | 描画テスト技法辞典 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2018.11.17 Saturday 08:56
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/70
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM