牧師のメンタルヘルス(0−1)
2007.08.31 Friday 16:36
このブログ(07,8,13)で、「目次づくり」ということで、牧師向けメンタルヘルスの本の執筆を始めることを書いた。
 しばらくは、このブログに部分を掲載していき、感想をうかがう機会として、また、自分のペースメーカーとして、使わせていただこうと思う。
 まずは、「はじめに(第1案)」遊園地

0.はじめに(第1案)

 本書は題名が示すとおり、牧師のメンタルヘルスについて述べたものである。
ただし、牧師の仕事の全貌を視野にいれているのでもなければ、メンタルヘルスの体系を扱うものでもない。むしろ、こうしたテーマで本来中心を占めるべき霊的、神学的観点ではなく、ある意味でかぎりなく周辺的であるはずの心理学的な側面からの考察を本書では試みている。
 なぜこのような本を世に出すことにしたのか。
 それは第一に、このような内容の研修や講演を牧師集団から要請されることが増えてきたからである。会場で、カウンセラーとしての基本的な話をしても、非常に牧師として参考になるという好意的な反応をいただく経験が多くあり、本書のようなものでも意味があるのではないかと考えたからだ。
 第二に、職業カウンセラーとして、牧師やそのご家族からのご相談に関わることがあることから、その際に経験し、考えさせられた普遍性のある教訓については文章にし、広く牧師集団と共有したいと願ったからだ。
 第三に、現在の日本の教会で働く牧師の姿を、これまでとは異なる視点で紹介することで、信徒として、牧師をどのように理解し、支え、応援し、祈っていけるのかを考える一端としたいと考えたからだ。
もしかしたならば、この第三の理由は、私の心の中では一番大きな存在になっているようにも思える。
 私たちは、この問題について、総力を傾けて、取り組まなければならない。牧師、神学者はもちろんのこと、様々な立場の信徒がこのことに向けて建設的に発言していかねばならないと考えさせられている。
したがって、本書は、心理学的側面のいくつかを指摘しただけにすぎず、その果たす役割は非常に限られている。読者諸氏の信仰により、また実践により、本体の霊的世界の骨組みにこれらを肉づけして頂く作業をお委ねしたいと思う。
| ふじかけ | 牧師メンタルヘルス | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 16:36
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM