牧師のメンタルヘルス(1章−2−(1))
2007.09.23 Sunday 17:12
1 現在の問題状況
1章 牧師とストレス
2.牧師のストレス反応
 牧師のストレスには特殊性がある。そしてそれは普通の人間援助職に比べても、大きく複雑であることを前節で見てきた。
 それでは、そうした状況の中で、牧師はどのようなシグナルを出しているのかを、ここでは考えてみたい。逆にいえば、どのような状況、事態が生じていれば、それは牧師がストレスを処しきれず、息切れのSOSサインが出ていると考えられるのか。その手がかりを考えるものでもある。

(1)ストレスが身体に出る場合
 一般にストレスの現れ方としては、/搬両評として、∪鎖西態として、9堝阿箸靴童修譴襦
 身体症状の代表的なものとして以下に羅列する。赤ちゃん
 
ただし同じ症状でも、純粋に身体疾患であり、必ずしも息切れ状態の反映ということはいえない場合も多々ある。あくまでも、精神的なストレス下にそれと相まって生じる場合を想定し、自己点検をする際の参考として読んでいただきたい。 
(1)循環系の反応(精神的な影響下での高血圧、狭心症など)
(2)消化器系の反応(消化性かいよう、慢性胃炎、過敏性大腸症候群、神経性食欲不振など)
(3)骨・筋肉系の反応(慢性関節リウマチ、チックなど)
(4)呼吸器系の反応(気管支喘息、過呼吸(過換気)症候群など)
(5)神経系の反応(偏頭痛など)
(6)内分泌代謝系の反応(糖尿病、甲状腺機能亢進症など)
(7)泌尿器系の反応(夜尿症、神経性頻尿、性不能症など)
(8)皮膚系の反応(円形脱毛症、多汗症、慢性じんましんなど)
(9)その他の反応(メニエール症候群、眼精疲労など)
(*記載にあたっては内山喜久雄医師(1985、「ストレス・コントロール」講談社)を参考にした)
 私の臨床心理士仲間をみると、顎関節症、帯状疱疹はけっこう多い。かくいう私も、ある職能団体の理事をしていた際、懸案事項での関係者の調整に忙殺された時期、突然体内に針がたくさん入っているかのような激痛に襲われ、1〜2週間くらい苦しんだことがある。帯状疱疹であった。このように身体反応に現れるストレス反応は、実は深刻な息切れ状態を反映していることが多い。あまりにも自分の心身のコンディションに鈍感になているために、最終警告として身体症状サインが発せられたのではないだろうか。したっがって生活全体に緊急ブレーキをかけ、かなり抜本的な対策をとる必要がある。幸いなことに、身体症状については、自分も周囲も納得しやすく、対応しやすいともいえる。
 またタフに活躍する著名な牧師、伝道者であっても、持病に苦しみ、持病のゆえに仕事量など、自己コントロールを強いられている人は驚くほど多い。後に触れることになるが、そうした病気のゆえに、ストレス状況下で無理をすることに対して、結果的に良い意味でブレーキをかけることに成功している場合も多い。

*それにいしても、つい最近書いた、牧会ジャーナル原稿「自分の弱さを〜」(3)と恐ろしく、重なった。テーマ上、どうしても・・

| ふじかけ | 牧師メンタルヘルス | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.01.23 Thursday 17:12
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2008/04/15 12:45 AM posted by: ふじかけ
花鳥風月さん

倒れるのは、問題ありません!

でも倒れ方は、人それぞれですね。
理想は、余力をもって少し早めに倒れることでしょうか。
2008/04/14 10:34 AM posted by: 花鳥風月
栄光が主に!!

私は、今から
早 15年前に
ドクターストップで
倒れましたが、
しばらくは 自分だから★
倒れた★ と 思って居ました。が、
よくよく 分析すると、倒れて 正常だ☆
正常だった☆ と、心底、納得しました☆

ですから、教職の方々に、いつでも エールを 贈りたいと♪
2008/04/14 1:04 AM posted by: ふじかけ
しんいちろうさん

コメントありがとうございます。

昨日のコメント(教会の牧師の問題)ともつながる部分があるのでしょうか。しんどい目に遭われていますね。

「疲れると、うつっぽくなる自分に気づき・・・・努力しています」

すばらしいと思います。
ひたすらがんばるのでなく、むしろ自分の息切れを、感受し、減速・工夫をすること。これをたんたんと続けていくことが、本当に回復した(あるいは、しつつある)人の姿だと思います。


日本で牧師をまじめにやって、健康なまま働きを全うする人が特殊だと思いますよ。
うつやその他の反応を出す人が、普通の人です。それほど、丸腰で、すごい環境の中で、仕事をしていると思います。

幾度も書いていることですが、牧師は、個人努力でがんばれ!といって、現場に派遣されますが、
たとえてみれば、シュワちゃんが、戦地で、丸腰、素手で、敵軍の戦闘ヘリと戦って、叩き落とすようなものではないでしょうか。


2008/04/13 8:10 PM posted by: しんいちろう
私は牧師ではないですが、似た仕事です。
うつ症状に悩み、医師やカウンセラーにかかり、回復しました。1年近くかかりました。
今も疲れると、うつっぽくなる自分に気づき、自分が自分に優しくなれるよう努力しています。真面目に仕事をする牧師は、うつになって不思議ではないですね。
2008/02/04 11:47 PM posted by: ふじかけ
牧師です様

コメント、ありがとうございます。

「毎週の説教」のプレッシャーと準備負担はすごいと思います。また24時間、周囲からの相談事も尋常でない件数だと思います。

「今日は休業です!」と言いたい人同士(同業者)が2人でも3人でも集まり、理屈抜きに「今日は休業です!」という思いをはき出せる場所が作れると、いろいろと新しい展開があるように思うのですが・・・。


花鳥風月さま

なるほど月曜日は確かに休館が多いですね。

2008/01/22 6:38 PM posted by: 牧師です様♪
よく 判ります☆

私も、2日続けての
休みが どんなに
欲しかった でしょうか。

月曜日は、図書館も
美術館も 休館で、
辛かった です★

キリスト教会も
フレキシブルに転換
出来ると 良いですね♪

量が有る 現実★
願いは 質 と 思いつつ☆
2008/01/20 9:24 PM posted by: 牧師です
先日、TCUのセミナーに参加したものです。講演ありがとうございました。せんせいのSOSサインの話を聞いて、自分が知らず知らずのうちに多くのSOSサイン出していることに気づきました。にもかかわらず、逃げられない・・・。毎週の説教。夜中にかかってくる難解な相談事。「今日は休業です!」自営業だったらそれもできるのでしょうが、それがいえないのが辛いです。ほんといいたいです。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM