コラム・芸術の秋
2007.10.07 Sunday 23:50
コラム(「えくれしあ」07年10月号)
*ブログに書いた記事を加工したもの。

▼芸術の秋。酷暑の後だけに、ここはリフレッシュしたいところだ。
▼実は私は行ってみたいところが3つある。もみじ
ひとつは、大塚国際美術館(徳島県鳴門市、088-687-3737)だ。千余点の西洋名画の複製を集めた美術館で、キリスト教名画はもちろんのこと、歴史的な礼拝堂を再現したものまである。大規模な施設で、一日で回るのが大変なほどだそうだ。
▼ふたつめは、西南学院大学聖書植物園(福岡市、総務課092-823-3201、無料)だ。現在約60種の聖書関連の植物が集められている。聖書「関連」の植物というのは、聖書の地にはない日本自生の植物も展示されているからだ。というのも、植物が和名で翻訳された場合、人々がイメージするのは、まさにこのような植物だということを示すためなのだそうだ。集める過程でたまたま出てきたアイデアのようにも思うが、この和名のイメージの展示も面白そうである。
▼みっつめは、浦和福音自由教会での、合唱団エヴァンゲリウム・カントライによるコンサートだ。10月28日(土)14時30分開演、有料。オルガンの音色や歌声に耳を澄ませながら秋の午後を過ごしてみるのはかなりの贅沢か。
| ふじかけ | キリスト教エッセイ | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.11.11 Monday 23:50
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/809
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM