来年のための本
2006.12.04 Monday 23:50
 今日は、赤坂での心理相談の日。午前9時から午後6時ころまで隙間なく面接や打合せをした感じである。帰りにお茶の水にあるキリスト教専門書店(お茶の水CLC)に寄り、来年、一年を通して日ごとに読む霊想書を2冊購入した。
◎型破り聖書日課「聖書の人物365人」千代崎秀雄著、一粒社。
 息子と毎夜、読もうかなあと。
◎「今日のパン、明日の糧」ヘンリ・ナウエン著、聖公会。
 こちらは個人読書用。期待大。
 あと面白かったのは、「From:ヒルマン監督 Re:野球と人生」。日ハム監督のヒルマンが信仰者としての証を載せた短い文書で、新鮮であった。ほかにも調子に乗って大量に本を購入したため、紙袋をぱんぱんにして持つことになり、肩もぱんぱんになった。帰路は後悔。
| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2020.10.17 Saturday 23:50
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM