取材文・シルバーの会
2007.12.02 Sunday 19:20
記事:(「えくれしあ」07年12月号)
*私が通っているキリスト教会の部内新聞に、掲載した取材記事第8弾を紹介させていただく。  

<見出し>
シルバーの会
ゆったり、なごやかな、年配者の交わり会

<リード文>
 20年以上前から続いている交わり会がある。年配者のための「こいのにあ」である。今は、毎月第1日曜日午後に開かれているが、現在の会の特徴とその魅力をレポートする。揺れるハート

<本文>
 1階くつろぎの場には、さみだれ式に、年配者を中心に20名くらいの人が集まってきた。ソファに座り、各自が持参の昼食をとったり、なごやかな談笑をはじめる。開始時間は12時30分なのであるが、くつろぎの場では時間がゆっくりと流れていて、呼び掛け人のOさんがころあいをみて始める。この日は、12時50分ころに賛美歌が歌われ、開会した。
 ■■
 この交わり会は、もともと20年くらい前に、教会・牧会部の話し合いの中で、「年配者対象の交わり会があるといいね」との話が出たことに端を発するという。当時牧会部員のO兄が呼び掛け人を任せられ、7,8名の方々が集まりスタートしたのが起源とのこと。毎回、15人以上の方が集まり、最高で50人も集まったこともあったそうである。音楽会やお花見会、はたまた「戦争体験を語る」特別な会になることもある。時に教会員のゲストを招き、「アラスカ留学体験」や「アフリカ海外青年協力隊体験」などのくだけた証しを聞くこともある。しかし、最大の特徴は、普段から、自由な交わり、なごやかな楽しい交わりを心がけていることだ。祈りの課題、健康面での情報、教会生活上の困っていることなどを、とにかく自由に話せる場を目ざしている。
 ■■
 O兄によると、会の名前はシルバーだが、参加に制約はない。「年配者はもちろんのこと、若い方も、みそ汁や漬け物の作り方から、結婚の秘訣・教訓まで、何でも聞きに来てください」とのこと。昼食持参、会費1回200円。会費は誕生月の人への贈呈花束などに使われる。
 「シルバーの会」毎月第1日曜日、12時30分から。
 会場:教会1階くつろぎの場。呼び掛け人:O兄。

| ふじかけ | キリスト教エッセイ | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
2019.11.11 Monday 19:20
| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
Comment
2007/12/04 10:32 PM posted by: ふじかけ
ゆったり、なごやか・・・。
取材をして、
けっこう大切な要素だなと思いました。
2007/12/04 5:09 PM posted by: 花鳥風月
栄光が主に!!

私も シルバーの会を
愉しめると 思います☆
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://fujikake.jugem.jp/trackback/921
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM