問いかける人
2018.05.21 Monday 10:34

 

「迷える社会と迷えるわたし」

昨夜、話題の香山本を一気によんだ。読みやすく、面白い。

(書店には5/25に並ぶ)。そして思った。

 

香山リカさんは、問いかける人である、と。
状況が揺れ、問題が動いているなか、静観はしない。その場に身を投じて、率直に問いかけるのである。その問いかけは純粋で、真剣で、行動的である。

すでに精神科医として大学教官として、社会運動家として、メディアのコメンテーターとして、多彩な実績を残している。しかし、それで止まらない。誰か私に教えて欲しいと問いかけるのである。


香山さんは洗礼を受けていないためキリスト教団体が講演者に依頼するには躊躇が働くだろうが、あえて依頼をする。香山さんも、そうした講演は準備を重ね、自分の生き方の今を重ね、紡ぎ出す。そして、キリスト教の中ではなく、外にあって(入り口すぐ側にあって)、その問いかけ力は、ますます純粋で真剣で行動的になっている。そういう希有のタイミングで生まれた書籍である。

 

ふつう、問いかけるなら、返答がある。問いかけ続けるなら相互作用的ななにかがその場で生まれる。本書には、そうしたプロセスが始まる予感がある。少なくとも本書を希有なタイミングで出版したキリスト新聞社には最初の返答者として敬意を払いたい。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
賛美歌の歌詞、カルト被害
2018.05.19 Saturday 11:15

 

昨日・一昨日は、二つの牧会心理研究会がそれぞれあった。

牧会心理研究会とは、牧師が集まり、担当の一人が事例提供ないしは話題提供を行い、

それを2時間半かけて語り合うというクローズドの会。現在、2つあるが、たまたま似た時期に開催されている。

 

写真は昨日の会で参加者6−7人に私から配るものを用意したところ。

 

この会は何でも話せることが大前提なので、事例検討の守秘義務もあり、内容をブログで触れることはいっさいない。

昨日・一昨日は珍しく話題提供だったので、その話題を大ざっぱに触れると、

賛美歌の歌詞、カルト被害と心理、といったテーマであった。

どちらもなかなかに面白く、かつ迫力があった。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
撮影初日
2018.05.14 Monday 09:50

 

(写真はイメージです)

 

特別研究期間が始まって、3か月目。

研究テーマは、「コラージュをいかに教え、身につけてもらうのか。」

 

文献をよみながら、

(1)初学者(例えば心理学科在籍の学生)にしぼるのか、専門家になるための学習。

(2)一般の人にしぼるのか。自己啓発、自己成長、生活マネジメントのための学習。

最初は(1)しかないと思っていたが、徐々にこの2つをどちらもやろうかなと思い始めている。

 

それと関連して、(a)学術論文、さらにダウンさせて文献論文にしょうか、(b)書籍想定の評論文、解説文にしようか。

と考え、(b)なら何でもありかな。

 

それはそれとして、さらに加えて実際に使えるような動画教材を作ってしまおうと思っている。

きちんとした論文にするとすると、第2研究、第3研究のようになってしまうが、(b)ならなにげに抱き合わせも可能か。

 

というわけで、というか、とうとうというか、

文献を読み込む作業と同時に、

今日から動画教材の撮影を始める。

 

7月までの間に、5回くらい撮影に挑戦する。

といっても、実際の撮影・編集・字幕付けなどは業者の辣腕担当者におまかせなのですが。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
超入門書を探されている方へ
2018.05.13 Sunday 09:43

 

最近、発達障害、その他精神障害について、入門書を教えて欲しいというお声かけをいただいた。

私は不勉強で発達障害については専門にしていない。

ただ、超入門書(コンパクトな良質な解説)ではないかという関係図書をとりあえず紹介することができる。

 

それは、講談社の健康ライブラリーのシリーズ。

まずはここから。

 

発達障害は、ASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠如多動性障害)、そしてLD(学習障害)の大きく3つに分けられる。またこれらは重なり合うことがおおい。

 

この講談社のシリーズも、その他の書籍も、選ぶに当たって…

その本の対象が、ASDなのか、ADHDなのか、LDなのか。あるいは総合したものなのか。

またこども対象なのか、大人対象なのか。

場合によっては、女性対象なのか。

そのあたりを手がかりに手にとってみるのが良いのではないか。

 

アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

アスペルガー症候群(高機能自閉症)のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) 2007/3/10 佐々木 正美

 

 

AD/HDのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

AD/HDのすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版) 2006/5/11 市川 宏伸

 

 

女性のADHD (健康ライブラリーイラスト版)

 

  • 女性のアスペルガー症候群 (健康ライブラリーイラスト版)

 

ちなみにこのシリーズには、非行、人格障害、依存症などもある。

 

 

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
良かった。あとは良かったのあと。
2018.05.12 Saturday 17:30

.

 

金曜日は牧会ステーションにうかがった。もごもごと話したが、体力的には、そこそこ良かった。

立っているのがつらいとかそういうこともなかった。

コラージュという方法も、体力を温存することに適している。

帰路は車で送っていただいたが、従来のような疲弊感はなかった。

 

あけて今日。なんとなく快調な予感があったので、午前はパソコンに向かった。

しかし、課題には取り組めず、だらだらモードで、遊び心で取り組んでいる「ながもち牧師」(一覧)の

残りの頁3枚をレイアウトした。それが終わると、どっと疲弊感が。とくに両腕が重い。

寝たり起きたりをしているうちに、いつのまにか夕方の5時になった。

 

すこし自分の体力にがっかりしたが、

昨日朝は、JRが遅延し、ラッシュアワーで久しぶりに体力を消耗したが無事会場に到着した(両腕の重さの原因か)。

一日の勉強会にフルで参加した。

今日はとりあえず「ながもち牧師」(一覧)を完成させた。

 

良かったと良くなかったの間にあって、

中間。

良かったの良かった寄り。

 

それに良かった翌日のことをどうにかしようとしているなんて

今日も、良かったの良かった寄り。

たぶん。そういうことなのだろう。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
四ッ谷でコラージュを作る
2018.05.12 Saturday 08:46

 

昨日は、四ッ谷でコラージュを作った。

牧会ステーションというグループで、

牧会事例とコラージュの2つを同時体験するユニークなプログラムである。

 

 

「生きて60歳」

右上のバウムクーヘン6切れ。→60歳。

地上のステージから降り落とされそうになりながら、まさかのもうすぐ60(笑)。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「ながもち牧師」を40項目すべてを見る方法
2018.05.10 Thursday 14:04

ある方々から、「ながもち牧師」全項目を見たいというリクエストをいただきました。

 

ブログ「おふぃす・ふじかけ」を開いて(あるいはフェイスブックの記事からリンク元の「おふぃす・ふじかけ」に飛んで)、

左側の「Category」欄の3行目の「→助言(40)」をクリックしてください。「ながもち牧師」の40の記事を見ることができます。

 

| ふじかけ | 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ブログ、5000記事に。
2018.05.10 Thursday 09:03

2006年12月。それまでのホームページ「おふぃす・ふじかけ」から、同じ名前の「おふぃす・ふじかけ」(blog)に移行した。

ホームページのほうは完成度が高かったが、私の活動に共鳴して、プロの方が無償で管理してくださったものだったので、記事の更新もツキに一度その方に送るかたちであった。そこでなんとか記事の更新を自力でできる方法を模索していたところ、blogが条件に合うとがわかり、さっそく実行した。

 

先日の「ながもち牧師」の投稿で、5000記事投稿になった。あまり持久力のない私にしては上出来である。

いましばらくブログは続け、生活のリズムにしていきたい。

| ふじかけ | 日記 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 2/601 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM