チラシ採取のそぞろ歩き
2013.03.02 Saturday 13:51
 



 先週は原稿を書き続けた。
 そのうちのひとつ、牧会ジャーナル(WEB版)の連載記事。
教会のためのコラージュ入門の第5回。内容は、コラージュボックス法の素材を集めることについて。

 それにしても、街中に印刷物があふれている、試しに、月曜日、都内、乃木坂駅から相談室までの7分あまりの道のりで、コラージュ素材を集めてみた。

 まず乃木坂駅改札を出たところに、無料雑誌やパンフのラックが、2箇所あった(上の写真)。

 そのあとすぐにコンビニが一店。通路沿いにやはりパンフがラックにぎっしりとある(下の写真)。店内に入ると、また別のカタログやパンフがまだまだスタンバっている。




いつものオフィスに到着すると、今度は、オフしに放り込まれたカタログやチラシがけっこうある。
いつもは、あることすら眼中になかったが、あるかもしれないと考えると、いくらでも見つかりそうである。
ちなみに、乃木坂駅から相談室は、閑静な道沿いであるが、赤坂駅から相談室は、店も多く、気の遠くなるような量のチラシが採取できると思う。
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
無印良品のユニーク・コラージュグッズ
2012.03.20 Tuesday 15:47
 

  無印良品の、ユニーク、コラージュグッズを2品、紹介。

(1)スケッチブック (はがきサイズ・20枚・ミシン目入り)

 *はがきサイズのコラージュをするとき、台紙がリングで閉じられていて、そこに貼っていける。いざとなったら切り離せる。けっこう便利だと思います。
 (税込み 367円)

(2)スティック型ハサミ (刃渡り 約35mm)

 *ふだんは、ペンのように収まり、クリップがあるので、胸にもさせます。キャップが回転式なので、落とすこともありません。車内や喫茶店で使うのにも便利。
 (税込み 500円)

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
図書館の廃棄雑誌
2011.07.12 Tuesday 16:45
 
 

 今日は偶然、職場の図書館の処分雑誌をいただいてきた。ちょうど図書館前に張り紙と一緒に雑誌が山積みに。

 さっそく、Numberを一冊。野球、サッカーなどのスポーツの写真をゲットできた。とくに陸上競技は貴重かなあ。

 コラージュボックスの仕込み。ちょっとしたきっかけで、充実していく楽しさ。
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
超巨大コラージュを、研究室の壁に!
2011.06.08 Wednesday 18:52
 
 

  昨日、研究室の白い壁に、コラージュをしてみた。
 貼ったのは、「インテリア・デコ」という着脱可能な巨大シール。
 それも、各月のカレンダーが用意され、 コラージュ作品も近づくとカレンダーになっているという趣向。今の研究室には、6月までのカレンダーが…。

 もともと研究室には、毎年カレンダーを飾っていた。しかし、まさに飾るだけで、日時をそのカレンダーで確認するようなことはまったくなかった。(そういうときは手帳を見ます)
 そうなると、カレンダーは、月の替わりにめくって、あ〜、月が替わったなと思わせてくれるだけの存在になっていた。…ならば、月が替わるたびに、新しい月のカレンダーのシールを貼っていくのでも同じだと思った次第。

 ちなみに、壁の左から、スタート。




 赤いノートのようなものが、1月のカレンダー(この写真では数字までは見えない)。
 「こぼれたインク瓶」のシールは、論文提出で、あたふたした生活を表現。



 航空郵便のようなシールは、3月のカレンダー。
 震災でどん底に(壁の下方に)。
 
 しかし、じわじわ持ち直し、右肩あがりに翌月のカレンダーへ。

 

 今月(6月)は、青いカレンダー。
 その右は、上方向と、下方向の双方の展開の余地有り。
 下方向に流れていっても、赤い物差しで、そこから更に下には行かないよう気をつけている。

 7月以降も、その時々の心境を反映させて、貼っていく。
 今年の12月に、ようやく全体が完成する予定。
 
 さて、どうなることか。
 ちなみに、今日の午後、この作品を作ってから、最初に来室した方(記念すべき初鑑賞者?)は、仕事上の打ち合わせに没頭するばかりで、壁のコラージュにまったく気が付かなかった!(ショック)
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
パートナー・コラージュ
2011.02.25 Friday 08:57
…参考までに、パートナーコラージュの説明のレジュメ(一部)を掲載する。


| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コラージュのポイント
2011.02.04 Friday 13:53

 「コラージュ」のポイント

1.実施方法

 雑誌やパンフレットの写真やイラストを自由に選び、台紙に貼り付ける。
  台紙のサイズに決まりはないが、A4版、B4版などがよく使われる。ハガキ版も。

(1)2つの実施法
  写真やイラスト素材をどう用意するかで、2つの方法がある。

  【ボックス法】・・・あらかじめ実施者が切り抜いたものを用意しておく。

 【マガジン法】・・・雑誌を2.3冊用意しておく。制作者に持参してもらっても良い。           制作者がそこから自分で切り取る。

     ボックス法は、15〜30分、マガジン法は、30〜60分が目安。

(2)課題
  自由に作るか、課題をあらかじめ出すか。どちらも行われるが、自由にする場合が多い。
  課題を出す場合、抽象的なものから具体的なものまで、いろいろある。

  例「最近の私の気持ち」「これまでの私」「これからの私」「教会と私」「好きな聖句」

(3)教示の例
  屬海海砲△訐擇衄瓦を自由に選んで台紙に貼り付けてください。置き方や張り方も  自由です。切り抜きをさらに切りたい場合はハサミで切ってください」

  ◆峪┿錣覆匹ら好きな写真や気になる写真を切り抜いて、好きなように台紙に貼って  ください」

  「”最近の私の気持ち”というテーマでコラージュを作ってもらいます。そのイメー  ジにあう切り抜きを選んでください。ハサミで形を変えたり、部分を切り取ってもか  まいません。自由に台紙に貼り付けて完成させてください」

 

| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
1枚で、4枚
2011.02.04 Friday 13:24


 昨日の牧会塾。前日の100円ショップで、ハガキホルダー(80枚、20頁)を購入。
 頁を切り離すと、表に2枚、裏に2枚、ハガキを入れられる1枚もののシートになる。
 ハガキホルダー1冊をバラスと、20シート。

 普通、ハガキコラージュ1作品を作るワークショップでは、1枚用のシートを用意する。
 今回のものだと、複数のハガキコラージュを連作したときに一緒に入れたり、
 他の関連用紙も入れたり…と、便利というか、面白いというか…試してみました。
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
紅葉がり
2010.10.21 Thursday 13:52
 

 
 今日は、コラージュ・ボックスに、秋ものの補充をした。
 秋の旅行パンフから、主に紅葉と温泉の風景を大量に追加できた。

 本当は、季節の変わり目の前、少し先手を打って、補充するのが理想だが、今秋はすこし遅れてしまった。

  京都の紅葉風景は染みるなあ…


| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
原稿:「コラージュ療法における「線」の表現をめぐって」
2010.10.06 Wednesday 00:51
コラージュ療法における「線」の表現をめぐって


1.コラージュ療法における「線」表現の独自性

 

 一般に描画における「線」は、描画行為の基本的なものとして、そもそも描き出したいイメージに輪郭やニュアンスを与えるものである。そして、描き手が線を引いていくなかで、イメージをつなげる意味にも、分断する意味にも、包囲する意味にも使われるし、複数の世界の境界の宣言としても使われる。そして短い線を重ねていくにしても、長い線を一気に引くにしても、あるいは太い線や細い線を引くにしても、描く人は、そうした描線の意味のニュアンスを感じながら筆記具を操作していくことになる。


 コラージュ療法の場合は、このような描線の事情がやや異なる。


 基本的な表現が、筆記具による線描ではなく、写真素材自体を貼り付けることになるため、明確に線を引くような感覚を味わうことはない。


 むしろ、素材写真を切り取り、構成し、貼り付け位置を決める際に、感覚的に「線」を感じたり、あまり意識しないかたちで「線」の表現を行うことになる。


  
また、コラージュの表現は、一般の多くの描画に比べ、試行錯誤しながら行うことがより容易になっている。いくらでも台紙の上で、写真素材を変えたり、移動したり、重ねたり、切ったりしながら、その輪郭線や余白のバランスなどを試行錯誤的に幾重にも味わえるからである。そこでは線表現が、より自由自在に行われるといえる。

 
 
このようにコラージュ作品には、一般の描画のような描線はないが、特有の線表現は存在する。本章では、(1)台紙サイズ(囲い線)、(2)貼り付け写真の輪郭(境界線)、(3)貼り付け写真の内容(象徴的線)、(4)見えない線(解釈上の線)の各点から、コラージュ療法および個々の作品の扱いを検討し直すこととしたい。

 


| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
「犯罪・非行とコラージュ療法」
2010.03.24 Wednesday 16:45
 コラージュ療法とは、雑誌やパンフレットなどの既存の印刷物を自由に切り取り、台紙に思いつくままに貼り付けていく描画技法である。「コラージュ」という名前は、「糊で貼る」(coller)という意味のフランス語に由来し、元々20世紀初頭に誕生した美術技法を心理療法に適用したものである。日本では1987年に森谷が箱庭療法から着想し、以後、本格的な導入、展開がはかられている。

 犯罪・非行臨床におけるコラージュ療法の特徴として、美的満足感を味わえることが容易であり、自己表現に際して負担感が少ないことがあげられる。一般のアートセラピーが、いわば砂場遊びやお絵描き遊びの幼児になることを誘うのに対して、コラージュの場合は、大人の美術家になれる魅力がある。


続きを読む >>
| ふじかけ | コラージュ療法 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
←back 3/9 pages next→
Search
Profile
Recommend
Recommend
Recommend
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき
雨降りの心理学 雨が心を動かすとき (JUGEMレビュー »)
藤掛 明
雨の心理的イメージを鍵に、雨の降る物語を読み解く。カウンセリング論であり、人生論でもある。
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
記事分析
アート情報
Sponsored links
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM